宇宙人総理取り巻き議員の名前とそのネタ元についての考察

LIFEの中でも目立っていて、好評なコントと言えば

宇宙人総理

でしょう。

今回は、宇宙人総理と取り巻き議員の名前について考察してみたいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Link

宇宙人総理

国会の委員会室で繰り広げられる質問。野党議員からは

「総理は本当に地球人なんですか?本当は宇宙人なんじゃないですか?」

と問われるも

「私は地球人です!」

とキッパリ答えるも、紛糾する委員会室では怪しげな超音波を出して相手を黙らせてしまう・・・。

2015年9月に大イベントとして行われた総選挙で勝利し政権を維持した小暮井総理率いる人生党でしたがその後はどうなってしまうのでしょう?

キャラクター名前の由来を考察

では、小暮井総理とその取り巻き議員や関係者で

これはもうそうでしょう

と思われるキャラクターの名前のネタ元を考察してみたいと思います。

小暮井康夫(こぐれいやすお)

ウッチャン扮する宇宙人総理その人です。

ucyujinsouri

小暮井(こぐれい)と言う苗字から察するにネタ元は宇宙人の

グレイ

であろうと思われます。

gurei

宇宙人ネタになると、必ずと言ってよいほど出てくるのがグレイですが、アメリカ軍が捕獲した宇宙人もグレイだと言われて話題になったことがありました。

しかし、実在する証拠などはなく「あくまで人々が宇宙人として共有しているイメージである」と言うのが一般的な意見です。

小津える(おづえる)

西田尚美扮する科学担当大臣です。

odueru

小津える(おづえる)から察するに、1947年にアメリカで発生した

ロズウェル事件(Roswell Incident)

がネタ元でしょうね。

このロズウェル事件と言うのは

ロズウェル事件(ロズウェルじけん、Roswell Incident)は、1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名になった事件。ロズウェルUFO事件(Roswell UFO Incident)とも呼ばれる。なお、付近といってもロズウェルからは70マイル離れていたが、ロズウェル陸軍飛行場(のちの ウォーカー空軍基地(1967年に閉鎖))が深く関わったため、ロズウェル事件と呼ばれる。世界で最も有名なUFO事件といわれている。

Wiki”ロズウェル事件”より引用

と言うもので、当時のニューヨークタイムスでも報道されているほどの大事件でした。

roswell

香取美海人(かとりみうと)

星野源扮する環境大臣。

katorimiuto

かとりみうと→カトリミウト→

キャトルミューティレーション

ではないか?と思います。

キャトルミューティレーションとは

1970年代のアメリカで、家畜の目や性器などが切り取られて死亡しているという報告が多発。事例が起きる前後に未確認飛行物体の目撃報告が複数あることや、死体にレーザーを使ったような鋭利な切断面があること(なぜナイフでなくてレーザーであるのかは説明がない)、血液がすべて抜き取られていることなどの異常性から人間の仕業ではなく、宇宙人によるものではないかと騒がれた。

Wiki”グレイ(宇宙人)”より引用

と言う恐ろしい事件。

kyatoru

しかし、こちらも実際には宇宙人の仕業ではなく「カルト集団」の仕業であるとか、何らかの特殊な目的を持った者の仕業であると言われています。

襟間五十一(えりまいそかず)

議員ではありませんが、一度だけ登場した小暮井総理の運転手。

扮するのは田中泯。

erimaisokazu

宇宙人総理に負けず劣らずの異様に大きな頭と、それに似合わない帽子が笑えます。

五十一と言う数字を使っているので、間違いなくこれは

エリア51

がネタ元でしょう。

エリア51とは

アメリカ軍機密の航空機のテストを古くから行っていたとされ、近年では、特にステルス機の試験飛行を行っていると考えられている。また、「墜落したUFOが運び込まれているのではないか」とか、「ロズウェル事件と関係しているのではないか」さらに、「グレイと呼ばれる宇宙人が居るのではないか」とも疑われていたが、軍事機密解除を受け、元職員が録音下で証言を行ない否定されている。

いずれにしても、何らかの機密事項が基地内に存在することから、基地の敷地周辺の立ち入りはもちろん、撮影も一切禁止されており、これを無視して進み憲兵や衛兵に見つかった場合は逮捕され、処罰される。特に不審な場合は警告無しに発砲される事もある。

Wiki”エリア51”より引用

と言う場所です。

area51map

アメリカのネバダ州に位置し、映画「インディペンデンスデイ」でも宇宙人の研究を行っている基地として登場しました。

実際には「そのようなことはない」と言うことですが、アメリカにとって重要な施設であることには変わりなく

area51worning

周囲にはこのような注意書きが多数掲げてあると言うことです。

わかりやすいネタ元だったなぁ~と思われるかもしれませんが、細かくこだわっている宇宙人総理でした。

スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!