プラス車掌とココリコ田中のキャラ設定が凄い!出演者攻めの手法は?

コントでありながらコントではない・・・。

そんな気がする「プラス車掌」。

何と言ってもココリコ田中のキャラ作りが素晴らしいのですが、面白さを生む要因について研究してみました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

プラス車掌とは

この「プラス車掌」とはどんなコントなのかと言いますと

新幹線に乗客として乗り込んだLIFEメンバーに車掌に扮したココリコ田中が

本日は~ ご乗車いただきまして~ 誠にありがとう~ ございます

ただ今より~ 乗車券を拝見させていただくと共に~

プラス~ ○○を~ ○○させていただきます

と、出演者の切符を確認しながら、その日のテーマについて伝える・・・と言うものです。

プラス部分はアドリブ?

車掌キャラの特徴と言えば

顏に赤く塗られたプラスのマークだけ

なんですが、語り口調と抑揚で見事にキャラを作り上げています。

plussyasyou

そして、プラス部分のセリフはおそらくココリコ田中のアドリブなんでしょうね。

テーマは決まっていても

誰に何を言うのか?

と言うのは本番までわからない・・・のだろうと思います。

それが、出演者の戦々恐々として表情や笑いを引き出しているんですね。

出演者の攻め方が絶妙

「プラス車掌」のプラス部分を語る時のネタ選びが凄いですね。

誰に何を語るのかは、プラス車掌の裁量に任されていると思われます。

それはすなわち、事前に出演者の好みやエピソードなどを仕込んでネタにしている訳です。

痛いところを突くようなやり方から、照れてしまうような褒め殺しまであらゆるパターンを持っています。

と言っても、その標的になりやすいのはウッチャンなんですが。

「あなたは世界一のコメディアンだと思っています」

とか

「ゆるいズボンが好きなので、コントを撮っている合間にズボンをずり上げている」

とか、どうでもいいけど突かれると困るような微妙な話題を振ってきます。

それを出演者毎に使い分け出来ているところが、攻めの手法が光っているところでしょうね。

この「プラス車掌」は、素の出演者を見ることができる貴重なコント。

それを引き出すココリコ田中の手腕は称賛に値しますね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!