ムロ鍋JAPANご当地鍋を巡る旅がスタート!いつまで続くか?

LIFEシリーズ4の5回目が放送されました。

今回はコントのほかにシリーズ4に入って初めての

ロケ企画

が放送されました。

スポンサーリンク
Sponsored Link

シリーズ4放送5回目

それではいつものように、5回目の放送内容を確認しましょう!

舞台挨拶

映画の試写会での舞台挨拶に登場した役者たち。それぞれが映画に対する意気込みや感想を語る中、大抜擢された役者のウッチャンの挨拶に。

最初は緊張なのか、なかなかうまく話せない大抜擢役者なのですが、徐々に饒舌になって行き、映画のストーリーを暴露してしまうというオチ。

なんとなく「恋のチムニー」を彷彿とさせるキャラでした。

うそ太郎(2回目)

またまた登場したうそ太郎。

今回は、田中が土産に買った寿司の中身が足りないとクレームをつけるところから始まります。足りない分はうそ太郎が食べてしまったからですが、当然いつものようにうそをつきます。大将にたしなめられてもうそ太郎はうそをやめません。

それは、大将がうそ太郎を気に入っているから?なのでしょうね。

今回はそんなシーンが展開されました。

大将とうそ太郎の間には、不思議な絆があるようです。

実は

久々登場のコントです。

このコントの見どころは、石橋杏奈が

「そっちかーい!!」

と突っ込みを入れるところですが、今回も久々ながら頑張っていましたね。

内容は石橋杏奈扮する女刑事が黒幕の捜査をして行きついた先が自分の上司だった。

そこには悪い奴らと一緒に写っている写真があり、それを見られてしまったために女刑事を殺そうとするのだが、カミングアウトした内容は黒幕ってことではなく

「プチ整形したこと」

とか

「その手術費用を経費で払ったこと」

だった。

ロケ企画:ムロ鍋JAPAN ご当地鍋をめぐる旅

このシリーズ初のロケ企画。

トップバッターはムロツヨシさん。

業界で「ムロ鍋」が評判となるほどの鍋好きなムロツヨシさんが、ご当地鍋を求めて日本全国を巡る企画。麺紀行の鍋版って感じでしょうか?

今回の舞台は静岡県のサクラエビ鍋でした。

鍋に使うサクラエビ漁に出たり、鍋の作り方を教えてもらったりと構成は麺紀行と似ていますが、ムロツヨシさんだけにウザい!語りが!!

muronabe01

レギュラー陣によるロケ企画が他にもありそうですが、果たしてムロ鍋JAPANはいつまで続くのか興味は尽きないところです。

分かんない

田中扮する上司?と部下の石橋杏奈がメインのコントです。

石橋が田中に何か告白するために呼び出したのですが、何を言いたいのか伝わらないうちに泣き出してしまい、女性の同僚社員が田中を責めるのですが、再び現れた石橋はすでに泣き止んでおり

「ありがとうございました。これで前を向いて進んでいけます」

と言って去っていくという、正直訳が分からないタイトルどおりのコントでした。

これはあまり受けないコントでしたね。

しいて言えば、女性レギュラー陣の石橋、臼田、西田が揃っているところが唯一の見どころでしょうか?

今回のコントでグッと来たものは残念ながらありませんでしたが、舞台挨拶系のコントは今後も別バージョンで登場してくるでしょう。恋チムキャラのウッチャンはやっぱり面白いですね。「実は」の石橋杏奈さんも良かった。

スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!