コント「何かあったな」は報道ステのパロディか民放批判か?

LIFEのコントには、時事ネタを織り交ぜたと思わせるものがあるんです。

今回紹介する「何かあったな」も、その中の一つです。

スポンサーリンク
Sponsored Link

何かあったな

このコントのストーリーは

「味無食品」と言う食品メーカー(もちろん架空)による異物混入事件を伝えるニュース番組が舞台。

現場からのリポートで

「味無食品社長が速やかに謝罪し対応したことで事態は収束に向かう」

と報じられました。

が、このリポート終了後にメインキャスターであるミツミネ(内村光良)が突然

  • 味無食品の異物混入が3カ月も前のこと
  • ミツミネが独自に入手した録音音声

を公開し放送してしまったのです。
nanikaattana01
スタジオが騒然となるのも構わず

「今回の事件ではしがらみや圧力というものに屈せず、徹底的に暴く覚悟です」

と語り、CM後に会話をした人物の実名を明かすことを宣言したミツミネ。

番組はCMに入ったのでした。

しかし・・・。

CM明けのミツミネには先ほどの威勢のよさはなく、憔悴しきっていました。

nanikaattana03

髪の毛が乱れ、ネクタイもゆがむミツミネを無視するように、番組は何事もなかったように進行します。視聴者の似顔絵が紹介されたりと和やかな空気を作ろうと言う意図が見え見え。

nanikaattana04

その流れのまま、女子アナ(臼田あさ美)が番組の終了を告げる・・・と言うものです。

こうなった原因は

  • 味無食品がこの番組のスポンサーだった

と言うオチなんですけどね?

報道ステーションを彷彿とさせる

このコントは2015年3月に

  • 元通産官僚の古賀茂明氏が古舘伊知郎キャスターと口論になった

事件が元になっている・・・と言われています。

古賀氏は番組を進行している古館氏に

「ちょっとその話をする前に・・・」

とさえぎった上、以前自身が番組で掲げた

Iam not ABE

と言う反政権的な姿勢が原因で、

  • 時の権力から大きな圧力が働いた
  • それで降板に追い込まれた

と言わんばかりの発言があったのです。

nanikaattana05

流れが似ていますよね?

って言うか、そのまんまって気がしませんか?

明らかにこの事件をパロってますよねぇ。

スポンサーありきの民放批判?

もう一つの見方としては民放はスポンサーから広告料をもらって番組を作っています。

NHKは私たち視聴者の「受信料」によって番組を作っています。

スポンサーを持たないNHKだからこそできる

  • 民放の報道はスポンサーの意向によって公平性や公正性が保てるのか?

と言う問題提起でもあったのではないか?と言うことです。

とは言え、最近はNHKもいろいろと問題を起こして指摘されてはいますが・・・。

LIFE~人生に捧げるコント~は、NHKの中にあって唯一NHKらしいスピリットを持つ番組なのかもしれませんね。

なんたって「NHKなんで!!」

スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!