宇宙人総理で安倍政権批判を展開!?さらに新国立競技場問題も?

LIFEの人気コントである「宇宙人総理」ですが、このコント中に

安倍政権批判

を展開していたことをご存知でしょうか?

スポンサーリンク
Sponsored Link

宇宙人総理で安倍政権を批判

批判を展開した番組が放送されたのは2015年9月3日。

「宇宙人総理総選挙」と言う番組の企画ででした。

コントでは、小暮井総理の掲げる「コグレイズム」と言う

宇宙人移民政策

の是非を問う選挙として、人生党と野党・日本繁栄党との熾烈な選挙戦が繰り広げられていました。

そして、選挙の結果は

  • 人生党:得票率54%
  • 日本繁栄党:得票率46%

となり、小暮井総理が政権を維持した・・・と言う内容でした。

政権批判は小暮井総理の母から

選挙に勝利した小暮井総理は、早速宇宙からの移民を受け入れることになりますが、宇宙船に乗ってやってきたのは小暮井総理の母親(樹木希林)だったのです。

ucyujinsouri090303

宇宙船の中から息子である総理に語りかける母親は

「なんで国民みんなが迎えにこないの?」

「康夫ちゃん、私、歓迎されてないんじゃないのかしら?」

と問いかけると、総理は

「大半の人は歓迎しています。反対しているのは、少数の者だけですから・・・」

と答えます。

ucyujinsouri090301

すると母は

「大半?全員ではないのね?」

「康夫ちゃん。人の上に立つ者は反対する人の意見こそ受け止めなければいけないよ」

と諭し、さらには

「全国民に歓迎されていなければ、地球へ移住できません!」

と突き放したのでした。困った総理は

「まずはここに暮らして、それからでも・・・」

と説得を試みますが

「見切り発車はかえって反感を招くものよ。康夫ちゃん、総理大臣だからって何でも思い通りになると思ったら大間違いだよ。決して結論を急がないようにしなければ・・・」

とさらに諭されてしまうのです。

このやり取りの後宇宙船のドアが閉まるのですが、安倍政権批判だと思わせる決定的な言葉を母が口にします。それは

「あなたのお父さんもお爺さんも・・・」

と。

ここまで来ると、間違いなく安倍総理への批判以外のなにものでもないと確信しました。

安倍さんのお父さんもお爺さんも大政治家ですしね。

折しも、この時期は安保法制の審議中で世の中が反対だの何だのと騒がしかったのですからタイミングとしてはお見事と言える内容でした。

確信犯なのかどうかはわかりませんが、マスコミへの統制が厳しいと言われている安倍政権にあって、NHKがコントを使って批判した・・・と話題になったものです。

新国立競技場問題も

直接批判した訳ではないのですが、小暮井総理の母親が乗ってきた宇宙船が意味深です。

ucyujinsouri090302

何かに似てると思いませんか?

そう、これはザハ案の新国立競技場に似た宇宙船だったのですね。

ucyujinsouri090304

すったもんだの末に建設案が撤回された訳ですが、こんなところでそれとなくネタにしているなんて、なかなか大したもんじゃないですか~?

こんな小技で私たちを楽しませてくれるLIFE。

宇宙人総理の続編に期待してしまいますね。

スポンサーリンク
Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!